大船渡・国保監督の経歴や指導方針を紹介!佐々木朗希投手を温存した理由や批判について調査!

大船渡の160kmピッチャーとして注目を集めている佐々木朗希投手。

残念ながら地方大会決勝戦で敗れてしまい、甲子園への出場は叶いませんでした。

そして、この決勝戦ではエースで4番である佐々木朗希投手が温存され、試合に出場せずに終わっています。

そんな采配を下した大船渡高校の国保監督ですが、何故今回佐々木朗希投手を温存したのでしょうか?

理由と、それにまつわる批判を国保監督の経歴と共に調査していきたいと思います。



大船渡高校国保監督の経歴は?

まずは大船渡高校の国保監督の経歴を調べてみました。

■国保監督の経歴
・氏名:国保陽平
・出身地:岩手県盛岡市
・生年月日:1987年3月4日
・身長:182cm
・体重:90kg
・ポジション:外野手
・高校:岩手県立盛岡第一高校
・大学:筑波大学 

国母監督は現在32歳と非常に若い監督です。

その為か、選手との距離は非常に近く、とてもフレンドリーに接しているそうです。

そんな国母監督ですが、地元は同じ岩手県。

高校は岩手県立盛岡第一高校を卒業しています。

盛岡一高硬式野球部は、明治32年に創立されたとても歴史のある野球部であり、大正や昭和の時代とかなり前ですが全国出場も果たしています。

しかし、現在はあまり目立った活躍が無いようで、今年の岩手地方大会では2年ぶりに初戦を突破するも、3回戦で惜しくも敗退となりました。

そんな岩手県立盛岡第一高校を卒業した国母監督ですが筑波大学へ進学しているようで、社会人野球クラブである「Tsukuba Club」を経て、2010年にアリゾナサマーリーグに参加しています。

そして、同年にはアメリカ独立リーグのゴールデンベースボールリーグに所属するティフアナ・シマロンズと契約。

国保監督が23歳の時でした。

独立リーグといえど、一度はプロ野球選手として活躍してんですね。

プロ野球選手としては25試合に出場し、打率.254、ホームラン2本、打点7という成績を残しています。

決して悪い成績ではないように思われますが、この年に国保監督はティフアナ・シマロンズを退団。

どうやら指導者としての道を志しての退団だったようです。

帰国後は地元岩手に戻り、岩手県立花巻農業高校に教師として赴任し、同時に野球部監督にもなりました。

その後、2017年4月より岩手県立大船渡高校に異動し、この学校でも野球部監督を務めています。

国保監督の指導方針は?

選手と非常にフレンドリーに接する国保監督。

彼の指導方針はあくまで選手の自主性を重んじるスタイルであり、過去に自分が経験した体験や得た知識を選手たちに伝え、自分自身で取拾選択して納得の上で決断するように行っているそうです。

昔ながらの叱って伸ばすという指導方針とは全く逆の方法であり、その結果、選手たちとの距離も近くなっていたんでしょうね。

国保監督のこの指導方針について佐々木選手はチームメートとプレーしやすい、ベストの環境を整えてくれている」と語っていました。

突出した実力を持つ選手だけを特別扱いせずに、チームメイト全員をしっかり見ている国保監督だから出来たチーム作りなんでしょうね。

その他にも選手の身体についても気を使っており、過去に成長痛を起こしていた佐々木朗希投手への連投を避けるなど選手への配慮を欠かさない監督です

この姿勢は今回の岩手大会でも見られており、4回戦に194球を投げた佐々木朗希投手を準々決勝では完全に温存。

準々決勝は延長11回までもつれた緊迫するゲームとなりましたが、それでも国保監督は佐々木朗希投手をマウンドに送り出す事はしなかったそうです。

前日の多投による故障を恐れ、温存に徹したのでしょうね。

圧倒的な力を持つエースを酷使し続ける事が問題視されている昨今の高校野球とは真逆のスタイルであり、選手ファーストを一貫していますよ。

まだまだ野球選手として先がある佐々木朗希投手を気遣っている事が良く分かります。

佐々木朗希投手を全ての試合で起用すると、岩手大会を勝ち残れる確立が高かった事は分かっていたと思いますし、自分も甲子園にチームを出場させた名監督という輝かしいキャリアを持つことが出来たのでしょうがそれ以上に選手の事を一番に考える姿勢を貫いた監督である事は間違いないでしょう!



佐々木朗希投手を決勝で温存した理由は?

選手の事を一番に考える国保監督。

彼が決勝戦で佐々木朗希投手を温存した理由は故障を恐れたものだと監督自身が話していました。

国保監督は「投げられる状態ではあったかもしれないが、私が判断した」。理由は「故障を防ぐため」と説明した。決勝の朝、練習を見て決めたという。同監督によると、筋肉に張りがあったが、痛みなどはなかった。
投手としての行動や動きを「入学時から観察してきた」と国保監督。甲子園まであと1勝。「新しい舞台が待っているのは分かっていたが、3年間で一番、壊れる可能性が高いと思った」。

その他にも昨秋の岩手県大会で傷めた股関節痛の再発も危惧していたという情報も出てきています。

どちらにしろ選手の事を一番に考えている国保監督らしい理由ですよね。

国保監督の判断に対する賛否両論?

決勝戦で佐々木朗希投手を温存し、大敗した大船渡。

「令和の怪物」とまで言われている佐々木朗希投手の甲子園での戦う姿を楽しみにしていた高校野球ファンにとっては非常に残念な結果になり、国保監督のこの采配に関して様々な意見が飛び交っています。

「英断」という意見から「故障せずにプロ野球に送り込めば球団から裏金が貰える」という酷い見解もあります・・・

まさか裏金なんて動いているわけないですし、どちらかと言いますと甲子園で活躍し、注目度をさらに高めたほうが球団としても恩恵が多いような気がします。

裏金は根も葉もない噂でしょう!

個人的には絶対的なエースに頼り、酷使し続ける事が問題視されていた高校野球に一石を投じた国保監督の起用方針は決して否定されるものではないと思います。

大きな反響があると分かっていながらもあくまで選手ファーストを貫いた国保監督。

なかなか出来る事ではないですよね!

褒められるならまだしも貶される理由にはならないでしょう。

国保監督へのネット上の反応は?



国保監督の経歴や指導方針についてまとめると

今回は大船渡の国保監督の経歴や指導方針について色々と調べてみました。

佐々木朗希投手を温存し、岩手大会決勝戦で敗れた大船渡。

敗退した原因が佐々木選手の温存だけではなく、相手の花巻東の強さもあったのでしょうが、国保監督の采配には色々な物議を醸していますね。

国保監督は選手を一番に考える監督である為、ケガを回避しての温存となったようですが、甲子園で令和の怪物を楽しみいしていたファンの間ではやはり寂しい結果となってしまったのでしょう。

しかし、野球選手としてプロ野球という舞台に立つ実力を持っている佐々木朗希投手の事を考えると、身体を酷使する事を避けた起用方法が決して間違っているものだとは思えません。

賛否両論はありますが、個人的には国保監督は英断だったと思います。

そして、決勝まで勝ち上がってきた大船渡を倒した花巻東の実力を称える意見もあっても良いのではないでしょうか?

本戦が始まる前からかなりの物議を醸している話題ですが、高校野球の主役はあくまで球児達です。

今後は球児に注目した話題が増えていく事を期待したいですね。

もう直ぐ甲子園本戦も始まりますので、球児たちの熱闘を楽しみに待ちましょう!

引用:https://news.biglobe.ne.jp/sports/0723/spn_190723_0918371148.html