ディープインパクト死亡!頚椎骨折でなぜ安楽死を選択?理由や骨折の原因を調査!

平成最強の名馬として名高いディープインパクトが7月30日に安楽死という形で死去した事が分かりました。

安楽死を選択した理由は頚椎骨折。

馬の安楽死は度々耳にしますが、その多くが脚部の損傷の結果となっています。

しかし、今回ディープインパクトの安楽死の原因は頚椎骨折。

一体、何故ディープインパクトは頚椎骨折により、安楽死となってしまったのでしょうか?

理由や骨折の原因について調べてみました。



ディープインパクトの頚椎骨折の理由は?

ディープインパクトは何故頚椎骨折を引き起こしのでしょうか?

その理由は明記されていませんでしたが、おそらく現役中のレースによって蓄積したダメージが原因だったのでは?と思います。

そもそも頚椎とは首の骨の事であり、馬の運動時には頚部に過度な力がかかるそうです。

レース中に競走馬が首を振りながら走っている様子からもその事が分かると思います。

さらに「名馬は首で走る」という言葉があるくらいで、競走馬への首の負担がもの凄いであろう事は想像に難しくないですよね。

ましてやディープインパクトは名馬中の名馬!

レースや調教の度に頚部へダメージを蓄積させていたに違いありません。

実は頚椎へのダメージは受傷時には重症とならずに時間の経過と共に徐々に症状が進行する場合があるそうです。

ディープインパクトは28日に頚部の手術を受けているそうですが、おそらくこのダメージの蓄積が原因での手術だったのではないでしょうか?

しかし、手術の甲斐も無く、29日に頚椎の骨折が発覚し、安楽死の措置が取られました。



頚椎骨折で安楽死を選択した理由は?

頚椎が骨折した為、安楽死という措置が取られていますが、頚椎骨折=安楽死と結びつける理由がいまいち分かりませんでした。

その為、この理由を調べてみたところ、どうやら頚椎骨折が安楽死の直接の原因ではなく、頚椎骨折によって引き起こされる麻痺からの起立不能がその理由となっていました。

頚椎が損傷すると頚椎内に走っている神経が傷つくケースがあり、その結果、馬の身体に麻痺が残ります。

このような症例は人間でも実際に起こる事ですよね。

そして、麻痺が発生する事で起立不能に陥ってしまうと、馬の第二の心臓と呼ばれる蹄を動かすことが出来なくなってしまいます。

馬はその身体が大きい事から、心臓のポンプ運動だけでは血液を全身に回すことが出来なく、歩行時の蹄の収縮と拡張作用を利用し、血液の循環を補助しています。

蹄機作用と呼ばれている現象ですね。

しかし、起立不能となってしまいますと当然この蹄機作用を得ることが出来ませんので、全身へと血液を循環することが不可能となってしまいます。

脚部への損傷が原因で安楽死が取られる理由がまさしくこちらです。

ディープインパクトも29日には立てなくなっていたと報道されていますので、この理由が安楽死の原因と言えるでしょう。

さらには、蹄機作用が失われた結果、血液の循環が滞り、皮膚の壊死へと発展してしまうそうです。

愛馬が苦しんでいる姿を見るのはとても心苦しいです・・・

今回の措置はその為なのでしょうね。

ディープインパクト死亡にネット上の反応は?



ディープインパクトの安楽死の原因についてまとめると

今回はディープインパクトの安楽死の原因についてしらべてみました。

頚椎骨折が原因で安楽死と言う措置が取られたディープインパクトでしたが、直接の原因は歩行不能による物のようですね。

ディープインパクトという名馬の死に多くのファンが衝撃を受けていました。

きっと安楽死という措置を決めた馬主もとても悩まれた結果だったんでしょうね。

たくさんの衝撃を我々に与えてくれてディープインパクト。

ご冥福をお祈りします!

本当にお疲れ様でした。

引用:https://www.sankei.com/sports/news/190730/spo1907300016-n1.html