世界の何だコレ!?ミステリーで紹介!北恵那鉄道線の跡地はどこ?奇跡の鉄橋とは?7月31日放送

7月31日に放送された世界の何だコレ!?ミステリー。

今回の放送では電車マニア六角精児が登場。

彼と廃線跡を巡ります!

今回登場した廃線跡は岐阜県「北恵那鉄道線」。

この跡地には今も姿を変えずに残る軌跡の鉄橋が存在するらしいのですが・・・

北恵那鉄道線について色々と調べてみましょう!



北恵那鉄道線とは?

まずは北恵那鉄道線の歴史について調べてみましょう!

北恵那鉄道線は1924年に開通した岐阜県を岐阜県中津川市の中津町駅と恵那郡付知町(現在の中津川市付知町)の下付知駅を結ぶ鉄道であり、乗客の運搬ではなく木材の搬出を目的として建設されました。

北恵那鉄道線が建設された当時、木曽川には電力発電を目的として大井ダムが作られていたのですが、このダムの設立によって水路を使用した木材の搬送が困難となり、その打開策として作られたのがこの鉄道だったわけなんです。

そんな北恵那鉄道線ですが、乗客を乗せた列車本来の働きもしており、たくさんの人を乗せ走っていました。

しかし、今から41年前の1978年に廃線となってしまいます。

ところが現在でも廃線後の跡地を数多く見ることができ、廃線跡散策のイベントが開催される事もあるそうです。

鉄道ファンとしては無視することが出来ない路線となっています。

奇跡の鉄橋とは?

今回、世界の何だコレ!?ミステリーで紹介される北恵那鉄道線。

様々な場所に北恵那鉄道線を髣髴とさせる跡地が存在するようですが、この鉄道の象徴とも言えるのが奇跡の鉄橋と言われている木曽川橋梁でしょう。

木曽川橋梁は北恵那鉄道の始発駅となっている中津町駅とその次の駅の恵那峡口駅の間に架かる鉄道橋であり、この鉄道が使用された1924年から現在まで当時の姿のまま保存されています。

過去には台風の影響もあり、冠水した事もあるようですが、その姿を現在まで留めているなんて、まさしく奇跡の鉄橋ですよね。

この橋は中津川市の観光スポットである苗木城跡から見下ろすことができ、辺りの風景ととてもマッチして写真栄えする風景を撮影することが可能です。

夏には緑に染まった森林、秋には紅葉と四季によって様々な風景を見せてくれそうですよね。

鉄道ファンだけではなく、風景写真が趣味という人にとっても是非行ってみたい撮影スポットとなっているのではないでしょうか?



北恵那鉄道線跡地、木曽川橋梁へのアクセス方法は?

では、木曽川橋梁へのアクセス方法をご紹介しましょう!

木曽川橋梁の所在地はこちら!

地図上で確認した限りだと、JR中津川駅から2kmとなっており、徒歩30分程度の距離ですね。

ゆっくり町並みを観光しながら向かうには丁度良い距離ではないでしょうか?

また、先ほどお話した木曽川橋梁をキレイに見ることが出来る苗木城跡もこの先にあります。

約5キロと歩くにはそこそこの距離となっていますが、苗木城跡が観光スポットとなっていますので、ここまできたら是非立ち寄りたいですよね。

ちなみに苗木城跡の写真がこちらです!

城と言うよりは遺産という言葉がピッタリあてはまる観光地ですよね。

まるでマチュピチュのようです。

運がよければ雲海も見られるようなので木曽川橋梁へ来たらセットで観光する事をおススメしますよ!

キレイな風景写真がたくさん取れそうな場所ですよね!



北恵那鉄道線についてまとめると

今回は世界の何だコレ!?ミステリーで紹介された北恵那鉄道線について調べてみました。

廃線後も鉄道ファンの間では有名な北恵那鉄道線。

木曽川橋梁は当時の姿のまま現存しており、奇跡の鉄橋とまで呼ばれていました。

さらにこの地域には苗木城跡などの写真栄えするスポットも多いようなので鉄道ファンならずとも一度は訪れてみたい場所ですよね。

世界の何だコレ!?ミステリーで北恵那鉄道線に興味を持たれた方は一度尋ねてみてはいかがでしょうか?

神秘的な風景に出会えるかもしれませんよ!

キャッチ画像引用:https://www.fujitv.co.jp/sekainonandakore/