【2019年】台風8号の進路や勢力、通勤通学への影響は?名前なども調査!

2019年8月6日(火曜日)に九州へと上陸が見込まれる台風8号。

進路予想や通勤通学への影響、そして名前などを調査してみました。



台風8号の進路は?

まずは台風8合の進路を見てみましょう!

8月2日午前9時に南鳥島近海の北緯19度35分・東経153度05分の海上で発生した台風第8号。

非常に強い勢力を保ちながら九州へと近づきつつあります。

気象庁の発表によると8月5日(月曜日)15時には 太平洋(フィリピン海)にある青ヶ島の南南西約330kmの地点にあり、15km/hの速度で西北西へと移動しています。

この移動速度を維持すると8月6日午前3時頃に九州へと上陸する計算です。

その後、九州を縦断し、午前9時頃に長崎県へと到達。

そのまま北上し、昼頃には九州を抜け、朝鮮大陸へと向かいます。

その後は熱帯低気圧へと変わって行く予定です。

台風8号の勢力は?

では、次に台風8号の勢力を見てみましょう!

■台風8号の勢力
中心気圧:980hp
最大風速:30m
最大瞬間風速:45m

勢いを増しながら九州へと近づいている台風8号。

中心気圧は980hpです。

ちなみに「hp」とは気圧の単位でありヘクトパスカルと読みます。

この数字が台風の強さを表す指標であり、値が小さいほど台風の勢力も強いという訳です。

おおよその基準は以下の通り!

■台風の強さの基準
弱い 990hpa以上
並み 960~989hpa
強い 930~959hpa
猛烈 900hpa

今回発生した台風8号は台風としては並の勢力という事ですね。

しかし、台風8号はしっかりとした渦構造を伴っており、中心付近では急激に雨や風が激しくなります。

また、最大風速も30mと非常に強く、最大瞬間風速に至っては45mと猛烈な勢いとなっています。

風の強さと吹き方については気象庁からデータが公表されています。

引用:https://www.jma.go.jp/jma/kishou/books/amekaze/amekaze_ura.png

この資料によると、最大風速30mとはトラックも横転するような風速であり、45mに至っては住宅が崩壊するケースが有るほどの猛烈な風となっています。

実際に風速30mを体感している映像がありました。

リポートをしてくれている女性は捕まっていないと立っていられないと語っていましたね。

気圧から考えると並の勢力となっていますが、台風8号は非常に強い風を伴うため、注意が必要です。

ちなみに最大風速とは10分間の平均風速の最大値であり、最大瞬間風速は瞬間風速の最大値です。

その為、台風8号は最大で45mもの風速をもたらす危険がありますので、警戒を怠らないようにしましょう。

また、6日(火曜日)午前6時までの雨量は

九州南部:250mm
九州北部:200mm
四国地方:180mm
近畿地方:150mm

となっており、非常に激しい雨となります。

以前に、熊本県南阿蘇村で250.5mmの大雨を観測した時に複数の市町村に土砂災害警戒情報が発表されていましたので、今回も同等のケースとなることが予想されます。

また、6日(火曜日)午前6時から7日(水曜日)午前6時までの24時間に予想される雨量は

九州南部:100~200mm
九州北部:200~300mm
四国地方:200~300mm
近畿地方:50~100mm

と、予想されていますので、台風が過ぎ去ったあとも雨の影響が考えられます。

風と一緒に雨への警戒も必要です。



台風8号の通勤通学への影響は?

では、台風8号の通勤通学への影響を見てみましょう!

引用:https://weathernews.jp/s/topics/201908/050035/

九州南部では午前中に雨風のピークは収まると予想され、朝の通勤時間帯に影響すると考えられます。

そして、九州北部や四国では1日中台風8号による雨や風の影響を受ける可能性が高い為、朝と夕方、両方の通勤通学に影響が出てくると思われます。

明日は、早く家を出るなどの対策が必要となってきそうですね。

台風8号の名前は?

では、最後に台風8号の名前について調べてみました。

台風には発生した順番で名前が付き、今回の8号には「フランシスコ」という男性の名前が使用されています。

台風の名前に関しては、「台風委員会」(日本含む14カ国等が加盟)などが提案した名前が、あらかじめ140個用意されており、発生順に使用されていき、140を超えるとまた1番に戻るという方法が採用されています。

しかし、稀に大きな災害をもたらした台風には使用された名前が半永久的に採用され、以後、「台風委員会」が代用となる別の名前を考え、140個の中に入れます。

今回のフランシスコがこの事例に当てはまらない事を願いましょう。



台風8号についてまとめると

今回は台風8号について色々と調べてみました。

明日未明に九州へと上陸する台風8号は勢力を拡大しながら太平洋を西北西へと進行しています。

気圧から考えると規模としては並と言えそうですが、最大風速や雨量から考えると警戒が必要ですね。

九州・四国にお住まいの方は6日は気をつけて過ごして頂きたいと思います。