ジャムおじさんの声優が交代!理由は?いつから変更かも調査!

本日8月5日にアンパンマンの主要登場人物であるジャムおじさんの声優が増岡弘さんから山寺宏一さんへと交代されることが発表されました。

交代理由は山寺宏一さんが演じるジャムおじさんさんがいつから見られるのかなど、2人のプロフィールを交えて紹介していきます。



増岡弘さんのプロフィールは?

まずは今までジャムおじさんの声優を務めていた増岡弘さんのプロフィールを確認していきましょう。

■増岡弘さんのプロフィール
本名:増岡 弘(ますおかひろし)
出身地:埼玉県南埼玉郡
生年月日:1936年8月7日
血液型:B型

現在のさいたま市岩槻区である埼玉県南埼玉郡出身の増岡弘さん。

生年月日は1936年8月7日であり、現在は82歳です。(2019年8月5日現在)

彼は高校までは埼玉県で育っており、高校は埼玉県立大宮工業高等学校を卒業。

高校卒業後は芸術の世界を志し、東京芸術大学に進学しています。

増岡弘さんが学生の頃は声優になるための学校もないので、どのように声優になったのか非常に興味があったのですが、芸術の世界を志していたと聞き、すごく意外でした!

ところが、増岡弘さんは東京芸術大学を2年で中退。

理由は「自由な絵が描きたい」というものだったそうです。

東京芸術大学を中退した増岡弘さんですが、その後は、文化学院文化芸術科に入学をし直し再び美術の道へを志します。

そして、この学校で彼の運命を決定づける出会いがありました。

在学中に増岡弘さんは中華料理店でバイトをしていたそうなんですが、この時のバイト仲間から「演劇をやらないか」と誘われ演劇の道へと進み始めました。

この時は美術を専攻して事もあり、舞台美術の仕事を行ってたそうですよ。

これには他の理由もあるようで、実は増岡弘さん、当初は「芝居なんて嫌い」と思っていたそうなんです。

しかし、この思いは劇作家の寺山修司さんと出会うことで変化していきます。

寺山修司さんとは「言葉の錬金術師」「アングラ演劇四天王のひとり」「昭和の啄木」などの異名を持った劇作家であり、後に増岡弘さんも関わりを持つ劇団「天井桟敷」の主宰者でもあります。

彼との出会いをきっかけに拠点を名古屋へと移し、中部日本放送放送劇団のオーディションに合格。

その後、現在の東京俳優生活協同組合でマネージャーを紹介してもらい、1961年から事務所に所属するようになりました。

そして、東京俳優生活協同組合こそが声優プロダクションとしての草分け的存在であり、東京俳優生活協同組合から独立する形で様々な声優の事務所が開設されるようになったんです。

この影響の為か、増岡弘さんは1963年から声優業を行っており、多くの作品に登場するようになりました。

その一方で役者としてもデビューしており、1967年から、劇団「天井桟敷」の第一公演で”母恋のせむし男(大正松吉)”という役を演じています。

さらには特撮物にも出演しており、悪役を演じていることが多かったそうです。

テレビ創成期から声優として活躍しており、アンパンマンのジャムおじさん以外にはサザエさんに登場するマスオさんも増岡弘さんが演じています。

ちなみに今回、ジャムおじさんと一緒にマスオさんも田中秀幸さんへと声優が交代しています。

増岡弘さん日本を代表するアニメの主要人物を演じたベテラン俳優であり、今までの声優界を支えた偉大な人物です。



山寺宏一さんのプロフィールは?

では、次に新しくジャムおじさんを演じる山寺宏一さんについて調べてみましょう!

■山寺宏一さんのプロフィール
氏名:山寺宏一(やまでらこういち)
出身地:宮城県塩竈市
生年月日:1961年6月17日
血液型:A型

「七色の声を持つ男」と称され、日本で最も有名な俳優の一人である山寺宏一さん。

彼が声優を目指したきっかけは東北学院大学時代に所属した落語研究会に入ったことでした。

この研究会での活動中に声優という職業を知り、特にやりたいこともなかった事もあり、この職業を志すようになったそうです。笑

実は山寺宏一さんは当初は営業マンになることを考え、就職活動を行っていたそうなんですが、「なんか嫌になった」と放棄・・・

その後は、役者にも興味を持ち、目指そうと考えたのですが、俳優も良くわからないという事で断念したんだそうです!笑

結果としてこの決断が功を奏し、天職とも言える声優界へと足を踏み入れたわけですね。

ちなみに所属している事務所は東京俳優生活協同組合であり、増岡弘さんと一緒です。

彼が声優としてデビューした作品は1985年のOVA作品である「メガゾーン23」。

この作品で中川真二という役を演じています。

その後は有名なアニメである「機動戦士ガンダム 逆襲のシャア」や「魔神英雄伝ワタル」、「らんま1/2」にも出演しています。

そして、彼を最も有名にしたのは、テレビ東京系の子供向けバラエティー番組「おはスタ」でしょう。

「おはスタ」は現在も放送されている番組であり、平日早朝に行われている子供向けのバラエティ番組です。

昔は「おはスタ」を見てから学校に行っていた人も多かったのではないでしょうか?

1997年から始まったこの番組でメイン司会者に抜擢されたことで子どもたちへの知名度が爆発的に上昇します。

「おはスタ」のメイン司会者は2016年まで行っており、沢山の人に目に触れる事となりました。

その結果、日本一有名な俳優の一人としてアニメだけでなくアメトークなどのバラエティ番組にも出演し、声優界を牽引する人物となっています。

PAGE 1 PAGE 2