韓国で不買運動が加熱!日本への影響や国内の反応は?

過去最悪とも呼べるほど悪化している日韓関係。

現在、韓国では日本製品の不買運動が勃発しており、国民の約6割がこの活動に参加しているそうです。

今回、韓国で勃発している不買運動ですが、日本国内にどの様な影響を与えているのでしょうか?

国内の反応とともに見ていきましょう。



韓国で不買運動が加熱した原因は?

引用:https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/57257

韓国で日本製品の不買運動が過熱していますが、その原因は一体何なのでしょうか?


今回、韓国が不買運動を行っている理由は日本が韓国へと行った輸出規制措置が原因でしょう。ホワイト国からの除外として話題になった件ですね。

ホワイト国とは日本政府が大量破壊兵器拡散の防止を目的として輸出管理体制が整っているとみなし、輸出への優遇体制を行っている国を指します。韓国は2004年にホワイト国と認定されており、アジアでは唯一の国でした。

しかし、今回、日本は韓国に対し、ホワイト国への指定を取り消し。その結果、半導体やディスプレイに欠かせないフッ化ポリイミド、レジスト、フッ化水素の3品目の輸出規制措置が取られ、この分野を経済のメインとする韓国には大きな打撃となったのです。


この輸出規制措置の影響によって韓国では日本製品の不買運動が激化し、国民の約6割がこの活動に参加する規模へと発展しています。

韓国の不買運動での日本への影響は?

今回の韓国での不買運動ですが、日本にはどんな影響を及ぼしているのでしょうか?

どうやらビールやカップラーメンの食料品や化粧品、衣服などを中心に日本製品の売上が落ち込んでいるそうです。中でもビール業界は大きな影響があるようで、キリンビールなどは韓国でのCMが放送中止する自体になっています。

また、日本の衣料品ブランドとして有名なユニクロにも大きな影響があります。韓国には180以上のユニクロの店舗が存在するそうで、不買運動によって昨年の1兆3千億ウォン(約1200億円)という売り上げが、今年は1兆ウォンまで割り込むという指摘もあります。


その他に、私達への直接的な影響として考えられるのが日本と韓国を結ぶ飛行機の問題でしょう。

現在、佐賀空港で運行している韓国のLCCであるティーウェイ航空の乗客率が減少傾向にあり、このまま減少が続くようなら運休や便数の減少などの措置が検討されるそうです。

乗客率減少の原因は当然、日韓関係の悪化であり、韓国から日本を訪れる乗客が減っていることが理由です。もしこの様な事例が他の空港でも起こるようなら人気旅行先である韓国へと向かう手段は激減してしまいますよね・・・

韓国で行われている不買運動は日本の会社や私達の生活までに影響を及ぼしていました。



韓国の不買運動に対する国内の反応は?

怒りを覚えている人もいれば韓国との関係が改善する事を願っている人もいるようですね。韓国は日本人の人気旅行先でもありますし、国内には韓国料理店などがたくさんあり、サムスンの製品が販売されている関わりが深い国です。

これだけ関わりが深い国ですので、可能なら友好な関係を築いて置きたいと個人的には思っています。複雑となっている日韓関係が早く改善することを祈りましょう。



韓国での不買運動が与える影響や国内の反応をまとめると

今回は韓国の不買運動が日本に与える影響や国内での反応について見てきました。

ホワイト国除外を原因に起こっている韓国での日本製品不買運動。この影響によってビールや食料品、衣服類などの会社は影響を受けているようです。日本経済が冷え込むような事にならないと良いのですが・・・

私達に直接的な影響を与える問題としては航空機についてではないでしょうか?佐賀空港では韓国のLCCであるティーウェイ航空の乗客率が減少しており、航空機の運休や減便が予想されています。

佐賀空港以外でもこの様な自体が起これば韓国へと向かう手段が激減してしまう可能性が出てきます。韓国は日本の人気旅行先の1つでもありますし、この様な自体が起こらないように祈るばかりですね。

やはり根本的な解決策としては日韓関係が良好になってくれることでしょう。

早く両国の関係が立ち直ることを願いたいと思います。

キャッチ画像引用:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190809-00010004-newsweek-int.view-000