台風10号による関西国際空港への影響を調査!飛行機の運行状況は?

現在、勢力を維持しながら北上を開始し始めた台風10号。

このまま北上するとお盆のUターンラッシュである8月15日頃に四国や九州を中心に西日本に大きな影響を及ぼすと考えられます。Uターンラッシュという事もあり、飛行機の運行状況がとても気になりますよね。

では、台風10号が西日本の中心的な空港である関西国際空港に与える影響について見ていきましょう。



台風10号の進路予想は?

まずは、台風10号の進路予想を調べてみました。

現在行われている台風10号の進路予想がこちら!

引用:https://tenki.jp/forecaster/t_yoshida/2019/08/10/5537.html

13日頃から進路を北に変更し、15日には四国や九州を中心に大きな影響を与えると思われます。また、今回迫っている台風10号は速度がゆっくりであり、その為、影響が長引くと考えられています。

引用:https://tenki.jp/forecaster/t_yoshida/2019/08/10/5537.html

西日本では連休明けの13日から大雨や暴風への警戒が必要になってきそうですね。十分に注意して行動する必要があります。



台風10号が関西国際空港へと与える影響は?

では、台風10号が関西国際空港へと与える影響を見ていきましょう。

飛行機への影響は?

知っての通り、関西国際空港は西日本でも有数の空港であり、国内はもちろん海外への便も数多く発着しています。そんな関西国際空港ですので、利用者も多く、台風10号が与える影響を気にしている人はたくさんいると思います。

現在、予想されている関西国際空港への影響はこちらです。

引用:https://weathernews.jp/s/topics/201908/090155/

15日から台風10号の影響を受けはじめ、同日午後から翌16日午前中まではかなりの被害をもたらすのではと想像されています。ちょうどお盆のUターンラッシュの為、関西国際空港を利用する人は注意が必要です。

台風で飛行機が遅延、もしくは運休になった場合を考え、何かしらの対策を考慮しておく必要があると考えれます。

ただし、現時点ではあくまで予想となっているため、実際のフライトは当日発表される速報を確認しましょう。こちらから関西国際空港のフライト状況が確認できますので空港に向かう前に予め確かめておいて下さい。
⇒関西国際空港のフライト状況確認

鉄道やリムジンバスへの影響は?

関西国際空港に向かうには鉄道やリムジンバスを利用する方法がありますが、台風10号の影響によってこれらの公共機関が遅延する可能性も考えられますよね。

では、現在発表されている鉄道や高速道路への影響を見ていきましょう。

引用:https://weathernews.jp/s/topics/201908/090155/

引用:https://weathernews.jp/s/topics/201908/090155/

鉄道、高速道路とも15日から16日にかけて近畿地方への影響は大きいですよね。こちらに鉄道や道路状況が記載されていますので、当日は関西国際空港を利用する人は確認して下さい。
⇒鉄道や道路状況の確認はこちら

どの交通手段を使用するとしても、遅延する可能性は十分にありますので余裕を持っての行動が必要があるでしょう。



台風10号による関西空港への影響をまとめると

今回は台風10号が関西国際空港へ与える影響を調査してみました。

現在発表されている情報によると15日~16日午前までフライトへの影響が大きいため、遅延、もしくは運休の可能性があり得ます。Uターンラッシュに重なる期間のため、運休などに備え対策をしておく必要がありそうですね。

また、同時期に鉄道や高速道路への影響も考えられますので、関西国際空港へと向かう必要がある人は余裕を持った行動につとめましょう。

台風10号は強い勢力を維持し、北上してくると予想されていますので交通機関の乱れが考えられます。十分に注意して行動するように心がけて下さい。