菅原謙伸の経歴やプロフィール!出身中学や地方大会の成績も!

先日、甲子園で活躍した花咲徳栄高校の菅原謙伸選手。

フェアプレー精神を貫いた彼の行動には多くのファンが称賛し、その直後に飛び出した公式戦初のホームランには感動を覚えた人もたくさんいたのではないでしょうか?

地方大会では本塁打0ながらも劇的なホームランを放った菅原謙伸選手について色々と見ていきましょう。



菅原謙伸の経歴やプロフィールは?

まずは菅原謙伸選手の経歴やプロフィールを見ていきましょう。


埼玉県の名門校である花咲徳栄高校の捕手として活躍する菅原謙選手ですが、彼のは生まれは岩手県一関市。野球を始めたのは小学生で、地元の千厩少年野球クラブに所属していました。

一関市立千厩小学校を本拠地として活動する千厩少年野球クラブは過去に5回も全国大会出場を果たした古豪です。

「礼儀・チームワーク・全力プレー」をモットーに活動しており、この教訓は先日甲子園で菅原謙伸選手が行ったフェアプレーの原動力となっているのではないでしょうか?

この少年クラブでは4番でありピッチャー兼ショートとして活躍しており、まだキャッチャーとしてはプレイしていなかったようですね。


小学校卒業後は一関市立千厩中学で軟式野球部に所属。卒業後はスカウトによって関東地区の名門・花咲徳栄へと越境入学となりました。入学当初は慣れない寮生活や全国各地から才能豊かな選手が集まった環境にたいへん戸惑ったそうです。

自身についてネガティブなところがあると語っている菅原謙伸選手ですが、岩井監督の指導のもと捕手として成長し、現在では強肩の捕手としてプロのスカウトも名前をあげるほどの選手になりました。

以前受けたインタビューでは「徳栄の2番を背負うことが出来ているは岩井先生のお陰だと思います」と監督への感謝の気持を語っていた事からも、素晴らしい人間性をもった人物であることが良くわかります。

このような人間性を持った人物だったので、フェアプレーを貫いた行動を取ることが出来たのでしょうね。残念ながら夏の甲子園では1回戦敗退となりましたが、今後も素晴らしい人間として成長していってくれると確信させてくれる選手の一人です。

佐々木朗希投手との接点も?

引用:https://sp.baseball.findfriends.jp/player/%E4%BD%90%E3%80%85%E6%9C%A8%E6%9C%97%E5%B8%8C/

「令和の怪物」という異名を持ち、甲子園開催前から大注目を浴びていた佐々木朗希投手。


実は菅原謙伸選手は佐々木朗希投手と接点があり、佐々木朗希投手は今でも菅原謙伸選手の事を覚えているそうです。

2人の出会いは少年野球の岩手県大会であり、今から7年も前の話です。菅原謙伸選手は岩手出身という事もあり、少年野球岩手県大会で佐々木朗希投手と対戦した経験がありました。

「きっとプレイが印象に残って佐々木朗希投手は菅原謙伸選手を覚えていたんだろうな」と思ったのですが、試合は26-0で菅原謙伸選手の完敗。

失礼な話ながらプレイが印象に乗って彼の事を覚えているようではなく(笑)、たまたま開会式で隣に座った佐々木朗希投手に菅原謙伸選手が話しかけた事がきっかけだったようです。


当時、初対面だった2人ですが、なぜか菅原謙伸選手は佐々木朗希投手をいじりまくったそうですよ!7年経っても覚えているという事は相当印象に残っていたのでしょうね。笑

今後、佐々木朗希投手に会うことがあったら「佐々木さん」と呼ばないとと語っていた菅原謙伸選手。かなり楽しい性格の持ち主でもありそうですね。笑

甲子園での再開は叶いませんでしたが、今後2人が野球を続けていくことがあったらどこかで出会うかもしれませんね。

佐々木朗希投手はプロに進むと思いますし、菅原謙伸選手も強肩の捕手としてスカウトから注目を浴びていましたので、プロ野球での再開なんて事になると面白そうです。



菅原謙伸の甲子園でのエピソードとは?

菅原謙伸選手の名前を一躍有名にした甲子園でのエピソードがこちらです!

1点を追う7回の出来事でした。試合も終盤に入り、ランナーもなし。そんな状態で打席に立った菅原謙伸選手ですが、投手が投げた球が彼の体スレスレを通過しました。

見ている角度によってはデットボールと思われる球でしたが、菅原謙伸選手は「死球ではない」とアピール。試合後には「前屈みによけてしまったので自分が悪いと思った。球審にすみませんと言いました。相手にも謝りました」と発言していました。

試合状況から考えるとデットボールとアピールし塁に出てもよかた場面なのですが、球が当たっていないことを正直に伝えたんです。その後、球審や相手チームに頭を下げる菅原謙伸選手。

彼がフェアプレーを貫いた場面であり、プレイ再開直前に菅原謙伸選手へと話しかける球審の笑顔が印象的ですよね。


その直後に飛び出した公式戦初のホームラン!まるで野球の神様からのプレゼントのようなホームランに多くの人が感動したのではないでしょうか?

残念ながら花咲徳栄高校は一回戦で姿を消すことになりましたが、正直に申告した彼の姿には敗退後も多くの称賛の声が送られています。

菅原謙伸の出身中学は?

菅原謙伸選手の出身中学ですが、彼が卒業したのは先程述べたように一関市立千厩中学校であり、岩手県の千厩町に建設された周囲を森に囲まれた自然豊かな学校です。

この学校で軟式野球部に所属してた菅原謙伸選手。後々花咲徳栄高校からスカウトを受けるので、「千厩中学校は野球部が強い学校なのかな?」と思ったのですが、失礼ながら目立った成績を見つけることは出来ませんでした。

しかし、菅原謙伸選手以外にも高校野球の名門校に進学した選手がいるようで、同学年かは不明ですが岩手県の花巻東へと進んだ方がいらっしゃいました。

千厩中学野球部は名門と呼ばれるわけではないのかもしれませんが、才能がある選手がいるチームだったようですね。

菅原謙伸の地方大会の成績は?

では、菅原謙伸選手の地方大会の成績を見ていきましょう。

■菅原謙伸の地方大会の成績
打席数:23 安打:6 打率:.261
打点:6 本塁打:0 犠打:0

花咲徳栄高校で9番バッターとして打席に立つ菅原謙伸選手。打率は.261と目をみはるほど高くはないですが、打点を6あげている事から、チャンスに強いバッターであると想像できますよね。

本塁打は地方大会では0なので決してホームランバッターというわけではなさそうですね。そんな彼がフェアプレーを貫き通して打ったホームランだからこそ多くの人が感動を覚えたのでしょう!

「令和の怪物」である佐々木朗希投手の登板問題など明るいニュースが少なかった高校野球ですが、「これこそが甲子園!」というプレイを見ている人達に届けてくれましたね。

残念ながら花咲徳栄高校は一回戦で姿を消すこととなりましたが、菅原謙伸選手の姿勢には多くの人が感動し、称賛していました。



菅原謙伸についてまとめると

今回は花咲徳栄高校の捕手である菅原謙伸選手について見てきました。

フェアプレーを貫いた後に見せたホームランには多くの人が称賛しており、見ている人達に感動を与えてくれました。高校野球にふさわしい素晴らしい姿勢でしたよね。

菅原謙伸選手の高校野球は残念ながら終わってしまいましたが、これからも人間として大きく成長してくれるであろう人物ですよね。今後、菅原謙伸選の名前が再び聞ける日が来ることを楽しみに待っていましょう!

キャッチ画像引用:https://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/list/201908/CK2019081202000188.html