日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄!日本への影響は?

本日8月22日に韓国が日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄すると発表されました。

GSOMIAとは2016年から日本と韓国の間で結ばれた軍事協定であり、両国の情報を共有するものです。2016年11月に締結後、日韓どちらかの国が破棄しない限り1年毎に更新される形で今まで延長されていたのですが、更新期限が24日に迫っていた8月22日に韓国側から撤回すると発表がありました。


軍事協定の破棄なので様々な事態が予想されますが、専門家の意見によると実は日本にはさほど大きな影響がないそうなんです。

では、今回破棄されたGSOMIAについて見ていきましょう。



日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)とは?

引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190822/k10012044091000.html

まずはGSOMIAとは一体どの様なものなのか見ていきましょう。


GSOMIAとは先程もお話したとおり、日韓で結ばれた軍事情報を共有する協定であり、主には北朝鮮への対処を目的に締結されました。日本と韓国はお互いに北朝鮮からの驚異を感じている国ですので、情報を共有することでより円滑に対処することが可能ですよね。


実は今回破棄されることとなったGSOMIAは元々はアメリカが橋渡しとなり日本と韓国に締結された軍事協定です。

現在、日本と韓国は共にアメリカと軍事同盟を結んでおり、両国は米軍が入手した軍事情報を得ることが可能です。しかし、米軍から得られた軍事情報を別の国へと開示することは原則的に禁止されており、日本と韓国間で情報を共有することは出来ませんでした。

ところが、お互いの国が北朝鮮という同じ驚異にさらされているわけですので、日韓で軍事協定を結び、日本、アメリカ、韓国で情報を共有した方が圧倒的に効率よく自国の守ることが出来るのは誰が考えても明らかですよね。

さらにはアメリカ側にとっても北朝鮮絡みの問題で、日米、米韓どちらの国と軍事行動を行うこととなっても両国から得た情報を踏まえて作戦立案が出来るのでとても効率が良いわけです。

その為、アメリカが橋渡しとなりGSOMIAと呼ばれる日韓軍事情報包括保護協定が結ばれたのです。しかし、最近の日韓関係の悪さらか、韓国は今回の更新期限である8月24日ギリギリの22日に破棄を決定し、GSOMIAは3年未満で撤回される事となりました。

さらにはGSOMIAはアメリカが橋渡しとなって締結されたので、破棄はアメリカに楯突くことを意味するとも言われており、「韓国は今後孤立するのでは?」とも噂されています。



日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄による日本への影響は?

では、GSOMIAが破棄されたことで考えられる日本への影響について記載していきたいと思います。


先程もお話したとおり、専門家の意見などによるとGSOMIA破棄による日本への影響は少ないと言われています。

GSOMIAによって日本が得ていた最大のメリットは北朝鮮の動向をいち早く探れるというものでした。韓国は北朝鮮の近隣の国であるので、動向を監視するには非常に都合がいい国ですよね。

ところが日本の情報収集能力は世界でもトップクラスと言われており、日常的に北朝鮮の電波情報を手に入れ解析する事で動向を察知してきました。過去には北朝鮮がミサイル発射準備に入った事も察知していたそうですよ。

その為、近隣の国である韓国の情報が欠落してもさほど大きな影響が出ないというのが専門家の見解となっています。そして、GSOMIAの破棄により韓国側が日本以上に痛手を受けると言われています。

日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄による韓国への影響は?

GSOMIAによって韓国が得ていたものは日本が集めていた北朝鮮の電波情報と弾道ミサイルの航跡分析です。

先程もお話したとおり、日本の情報収集能力は世界でもトップクラスの為、近隣の国である韓国にとってもこの情報はとても有益なものとなっています。


そして、これ以上に韓国にとって重要だと言われているのが北朝鮮が度々放つ弾道ミサイルの航跡情報でした。

弾道ミサイルは日本海に向かうため、日本は航跡分析も行っており、この情報は韓国側にとても有益なものとなるためGSOMIAによって韓国が得られる最大のメリットと言われていました。

どちらも情報もとても貴重な物であり、その為、GSOMIAによって得られるメリットは韓国のほうが大きいと言われていました。



日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄についてまとめると

今回は、GSOMIA破棄によって起こる日本への影響を見てきました。

近隣国からの情報が欠損してしまいますが、情報収集能力が世界でトップクラスと言われている日本にとってはそれほど大きな影響は無いというのが専門家の見解のようです。

逆にGSOMIA破棄によって損をするのは韓国だと言われています。さらにGSOMIAはアメリカが主導で締結した協定のため、今回の破棄はアメリカに楯突くようなものという見解もあります。

最近の日韓関係は非常に険悪ですが、軍事協定の破棄は無いだろうと言われていましたが、それだけに今回のGSOMIA破棄は衝撃的でした。

どんどんこじれていく日韓関係ですが、今度回復することはあるのでしょうか?これ以上仲が複雑化しないことを祈るばかりです!

キャッチ画像引用:http://agora-web.jp/archives/2040672.html