ラグビーワールドカップ!釜石鵜住居復興スタジアムへのアクセスを紹介!

2019年9月に開催されるラグビーワールドカップ。今回は日本での開催となっており、既に多くの人が注目している大会となっています。

日本戦以外にも多くの注目カードが存在するラグビーワールドカップ。

そんな中でもフィジー対ウルグアイが行われる釜石鵜住居復興スタジアムへのアクセス方法を紹介したいと思います。



釜石鵜住居復興スタジアムの場所は?

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%87%9C%E7%9F%B3%E9%B5%9C%E4%BD%8F%E5%B1%85%E5%BE%A9%E8%88%88%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%A2%E3%83%A0

まずは釜石鵜住居復興スタジアムの場所を確認しておきましょう。

■豊田スタジアムの住所
〒026-0301 岩手県釜石市鵜住居町第18地割5-1

釜石鵜住居復興スタジアムはラグビーが盛んな土地である岩手県釜石市にあり、東日本大震災からの復興を目指し建設されたスタジアムです。完成したのは2018年8月19日とまだ開場して間もないとても新しい会場となります。

豊田スタジアムへのアクセス方法は?

では、豊田スタジアムへのアクセス方法を説明していきたいと思います。「飛行機」「新幹線」「電車」「バス」「車」それぞれのアクセス方法について見ていきましょう。

飛行機でのアクセス

まずは飛行機でのアクセス方法をご紹介したいと思います。


釜石鵜住居復興スタジアムへ飛行機で向かう場合はいわて花巻空港を利用することになります。

ところがいわて花巻空港は地方空港のため、国内線で定期便として運行しているのは下記の4路線のみです。

■いわて花巻空港が利用できる空港
新千歳空港
県営名古屋空港
大阪国際空港(伊丹空港)
福岡空港

これらの空港の近隣に住んでいない方は飛行機ではなく他の移動手段を使用することになりそうです。


いわて花巻空港に到着後、釜石鵜住居復興スタジアムへ向かう方法にはバスで盛岡駅もしくは花巻空港駅に向かいJRに乗り換える方法とレンタカーを使用する方法がありますが、オススメはレンタカーです。

まずはバスを利用し盛岡駅もしくは花巻空港駅に向かう方法を紹介しましょう。

いわて花巻空港へのアクセス方法に電車を利用することは出来ず公共機関で使用できるのはバスのみであり、空港から出ているバスは盛岡駅行きと花巻空港駅行きの2種類のみです。

盛岡駅行きを使用すると釜石鵜住居復興スタジアムからは離れる事となり、JRに乗り換えた後も時間と運賃がかかりますので、宿泊地を盛岡駅周辺にしている方以外はおすすめできません。ちなみに盛岡駅を経由した釜石鵜住居復興スタジアムへのアクセスにかかる所要時間と運賃はこちらです。

■盛岡駅経由の所要時間と運賃
所要時間:3時間~4時間
運賃:3980円

この所要時間はスムーズに乗り換えができた場合のものであり、盛岡駅から釜石へ向かう電車はとても本数が少ないので実際にはこれ以上時間がかかる事が予想されます。

ちなみに盛岡-釜石間の電車本数はこちらです。

引用:https://www.navitime.co.jp/diagram/depArrTimeList?hour=4&departure=00004689&arrival=00001281&line=00000187&date=2019-08-23&updown=0&trainType=

かなり数が少ないのが分かりますよね。時間も運賃もかかるため、盛岡駅に向かう理由がある人以外の利用はおすすめできません。


次に花巻空港駅を利用したアクセスについて見ていきましょう。

花巻空港駅はいわて花巻空港からバスで約7分と近いのですが、花巻空港駅から釜石へと向かう電車の数がとても少なく以下の通りとなってます。

■花巻空港駅から釜石への電車時間と本数
6時34分
18時25分
19時14分

この時間以外にも花巻空港駅から一度花巻に向かい乗り換えるという方法があるのですが、花巻空港駅から発車する電車の本数事態が1時間に1~2本ととても少ないです。

また、乗り換えがスムーズに行った場合にかかる所要時間と運賃がこちらであり、到着までにかなりの時間を必要とします。

■花巻空港駅経由の所要時間と運賃
所要時間:約160分
運賃:2250円

盛岡経由と同様に実際にはこれ以上の時間が必要なのは確実なので、こちらもあまりおすすめできる方法ではありません。


JRでの移動が困難の為、いわて花巻空港を利用する場合にはレンタカーで会場を目指す方法が最も効率的なのは間違いないですよね!

ちなみにいわて花巻空港から釜石鵜住居復興スタジアムへの所要時間は90分前後となっており、レンタル価格も安ければ5000円程度から借りられる可能性があるため、経済的にも大差ありません。

仮に複数名で向かうことを考えると一人頭のレンタカー代金は電車の料金以下となる可能性もありますので、時間や費用面から考えてもレンタカーでの移動がおすすめとなっています。


新幹線でのアクセス

新幹線で釜石鵜住居復興スタジアムへ向かう場合には盛岡もしくは新花巻を目指すし、そこから釜石を経由し会場最寄駅である鵜住居に向かうことになります。


仮に東京から釜石鵜住居復興スタジアムを目指す場合を考えてみましょう

東京から新幹線を利用する場合には東北新幹線で新花巻、もしくは盛岡を経由する事になり、そこからJRに乗り継いて会場に向かうことになります。

新花巻と盛岡、それぞれを経由した時の運賃と所要時間はこちらです。

■新花巻を経由
所要時間:約5時間30分
運賃:15000円前後

■盛岡を経由
所要時間:5時間前後
運賃:17500円前後

新花巻を経由した場合、時間はかかりますが、運賃は安く逆に盛岡を経由した場合はスムーズに連絡できれば時間は短くてすみますが、運賃は高くなります。

また、各駅での釜石行きへの連絡本数を比較した場合、新花巻の方が数は多いです。

引用:https://www.navitime.co.jp/diagram/depArrTimeList?hour=4&departure=00004689&arrival=00001281&line=00000187&date=2019-08-23&updown=0&trainType=

引用:https://www.navitime.co.jp/diagram/depArrTimeList?departure=00004189&arrival=00001281&line=00000127&updown=1

スムーズな連絡ができなかった場合、盛岡を経由しても時間がかかると想像できますので、料金が安く、連絡本数が多い新花巻経由の方がオススメできるルートとなっています。

新幹線を利用し東京から釜石鵜住居復興スタジアムへと向かう場合は新花巻を経由したルートがオススメです。

バスでのアクセス

高速バスを利用し、釜石に向かい釜石鵜住居復興スタジアムを目指す方法もあります。

東京から釜石に向かう場合には池袋、秋葉原、上野から高速バスがでており、この駅を使用することになります。この高速バスを使用し会場に向かった場合の所要時間と運賃は以下のとおりです。

■高速バスでの所要時間と運賃
所要時間:10時間前後
運賃:10000円程度

高速バスを使用するとどうしても移動時間はかかってしまいますが、運賃を安く抑えられるというメリットが存在しますよね。時間がかかっても安く会場に向かいたい方にとってはピッタリの方法となっています。

車でのアクセス

車でのアクセスが最も融通が効き、時間にとらわれない方法でしょう。しかし、遠方から会場に向かう場合にはかなりの運転時間がかかってしまいます。仮に東京から釜石鵜住居復興スタジアムへと向かうと想定した場合の所要時間と高速料金がこちらです。

■東京からの商用時間と料金
所要時間:約6時間40分
ETC料金:7900円
通常料金:11280円

この料金にガソリン代がプラスされますので燃費にも左右されますが1万円~1万5千円程度の運賃となりそうですね。車でのアクセスは自分で運転する必要があり疲れますが、公共機関が少ない釜石方面での移動には非常に大きなメリットがあります。

その為、車で会場に向かおうという方も多いのではないでしょうか?

ただし、ワールドカップ開催中は釜石鵜住居復興スタジアムの駐車場を使用することは出来ないので、釜石市内にある駐車場に車をとめ、三陸鉄道リアス線を使用し会場の最寄り駅である鵜住居を目指す必要があります。

また、釜石鵜住居復興スタジアム近隣には駐車場が殆どないのでこの点にも注意しましょう。

釜石市にある駐車場でオススメなのは市営大町駐車場です。

■市営大町駐車場の詳細情報
住所:釜石市大町一丁目3番7号
収容台数:475台
入庫30分無料
入庫から1時間まで:100円
1時間増すごとに:100円
24時間最大料金:800円

釜石駅からは少し距離がありますが、市営の駐車場で料金も安く、収容台数も多いです。ワールドカップ開催中でも十分に止めることができそうですよね。


また、イオンタウン釜石にも駐車場はありますが、店が9時で閉まってしまいますので時間には注意しましょう。

その他にも釜石駅の近くにあるシープラザ釜石の地下駐車場も24時間利用でき価格が安いのですが、駐車できる台数が64台と少ないです。

イベントがあると駐車場は瞬く間にいっぱいになってしまうそうなのでワールドカップ開催時は利用できない可能性もあります。


釜石鵜住居復興スタジアムへのアクセスについてまとめると

今回はラグビーワールドカップの会場の1つである釜石鵜住居復興スタジアムへのアクセス方法について見てきました。

釜石鵜住居復興スタジアムへのアクセスには「飛行機」「新幹線」「電車」「バス」「車」などの方法がありますので、自分にあった移動方法を利用して下さい。遠方から向かう人は移動時間もかかり、公共機関の本数も少ないので注意してくださいね。

釜石鵜住居復興スタジアムは日本代表戦は行われませんがフィジー対ウルグアイなどの注目カードも開催されますので、ぜひ現地で観戦して下さい!

キャッチ画像引用:https://forbesjapan.com/articles/detail/27095