週刊ポストのヘイトスピーチ(韓国批判記事)への世間の反応は?

週刊ポスト9月13日号で掲載された「韓国なんて要らない」という見出しの特集が注目されています。雑誌が発行されると多くの方からヘイトスピーチ(侮辱や差別)ではと声が上がり、週刊ポストは即日謝罪のコメントを出す事態へと発展しました。

また、「週刊ポストを発行している小学館ではこれ以上働かない」と発言する作家も現れており、とても大きな騒動になっています。そして、この記事に対しては一般の人からもたくさんの意見が上がっていました。

その内容は週間ポストの今回の記事を批判するものから肯定する意見まで様々であり、賛否両論となっています。今回の週刊ポストが掲載した記事に対し、世間の人はどの様な感想を持っているのか見てみましょう。



週刊ポストが掲載した記事内容とは?

まずは今回週刊ポストが掲載した記事内容について見てみましょう。

ヘイトスピーチとまで言われた今回の記事は「韓国なんていらない」という衝撃的な見出しで特集されており、GSOMIA破棄などが韓国に与える悪影響をシミュレーションする内容だったそうです。

そして、特集には続きがあり「怒りを抑えられない『韓国人という病理』」という題名で書かれた記事内容には、韓国で発表された論文を使用し、韓国人の10人に1人は怒りを抑えることが出来ない間欠性爆発性障害であると記載されていました。

特集の題名を見ると確かに差別や侮辱ともとれるものであり、この記事に対して多くの人が反応し、中には「小学館では今後働かない」と投稿する作家も現れるほどです。

特に柳美里さんは在日韓国人の小説家であり、国籍は韓国なのでこの記事に対する衝撃はひとしお大きかったのではないでしょうか?


騒動が大きくなると週刊ポスト編集部は謝罪コメント公表しました。

「週刊ポスト9月13日号掲載の特集『韓国なんて要らない!』は、混迷する日韓関係について様々な観点からシミュレーションしたものですが、多くのご意見、ご批判をいただきました。なかでも、『怒りを抑えられない「韓国人という病理」』記事に関しては、韓国で発表・報道された論文を基にしたものとはいえ、誤解を広めかねず、配慮に欠けておりました。お詫びするとともに、他のご意見と合わせ、真摯に受け止めて参ります」

日韓関係が微妙な時期にこの様な題名の特集を組むと今回の事態は予想できたように思いますが、どうして雑誌の発行に至ったのでしょうか?疑問が残りますよね・・・



週刊ポストに対する世間の反応は?

「韓国なんていらない」という衝撃的な題名を使用したことで一般の方からもたくさんの意見があがっています。

多くの方は今回の特集について否定的に捉えているようです。しかし、中にはこの記事を肯定するような投稿を見つけることも出来ました。

現在、日韓関係はとても微妙であり国民の多くが注目している問題ですので、様々な意見がある事は当然ですよね。



週刊ポストのヘイト記事についてまとめると

今回は「韓国なんていらない」という題名で特集を行った週刊ポストの記事に対する世間の反応について見てきました。

あまりにも衝撃的な題名となっており、作家の方からは「小学館では今後仕事をしない」とまで語っている方もいらっしゃいました。一般の方からも多くの投稿が行われていたのですが、今回の記事を否定する人もいれば肯定的に捉える方もいらっしゃり賛否両論となっています。

日韓関係については様々な事柄が絡み、難しい問題となっており、国民のほとんどが関心を持っているであろう問題ですので、その分意見があるのは当然ですよね。今後、両国の関係が落ち着くことを祈りたいですがどの様な展開となっていくのか・・・

日韓関係についてはまだまだ注目されていきそうですね。