石川真佑がかわいい!身長や最高到達点は?出身中学や姉についても調査!

9月14日より開幕したバレー女子ワールドカップ。

今回の全日本メンバーには男子バレーのエース・石川祐希選手の妹である石川真佑選手が選抜され、大きな話題となっています。

そんな石川真佑選手について色々と見ていきましょう!



石川真佑選手のプロフィールは?

まずは石川真佑選手のプロフィールを見てみましょう!

■石川真佑選手のプロフィール
氏名:石川真佑 (いしかわ まゆ)
出身地:愛知県岡崎市
生年月日:2000年5月14日
出身高校:下北沢成徳高校
所属:東レアローズ女子バレーボール部
ポジション:アウトサイドヒッター

女子バレーの名門チームである東レアローズに所属している石川真佑選手。

兄に全日本男子バレーのエースとして活躍する石川祐希選手を持ち、今回、石川真佑選手が女子全日本に選抜されたことで兄妹での日本代表選手として注目されています。

そんな彼女がバレーを始めたのが小学3年生の時であり、きっかけは兄の影響だけでなくお姉さんによるものもあったそうです。

バレーを始めると彼女の才能はみるみるうちに開花し、お兄さんと同様に「天才」と評価される逸材でした。

小学生の時の活躍が認められてか中学校は他県である長野県のバレー名門校・長野市立裾花中学校へと越境入学を果たし、1年生からレギュラーを獲得!中学生時代には全国優勝を2回、準優勝を1回経験しています。

その後は高校女子バレーの名門校である下北沢成徳高校へと進学します。下北沢成徳高校の名将・小川監督でさえも彼女の才能を高く評価しており、変幻自在のスパイクを武器に高校でも1年生からレギュラーとなっており、2017年には春高バレーで優勝を果たしました。2018年には残念ながら大阪の名門である金蘭会高校に敗れてしまいましたが、彼女の実力は全国が認めるほど高く、高校卒業後の進路が注目されていました。

そして、2019年より社会人女子バレーの名門チームである東レアローズに所属し、今年開催のワールドカップ女子バレーでは全日本のメンバーに抜擢!

現在19歳という若さからこれからの日本を背負う存在として期待される選手です。

石川真佑選手の身長や体重、最高到達点は?

石川真佑選手の身長や体重、最高到達点について見ていきましょう!

■石川真佑選手の身長や体重、最高到達点
身長:174cm
体重:65kg
最高到達点:300cm

石川真佑選手の身長は174cmであり、女子バレー選手としては小柄な部類に入ります。全日本女子バレーのメンバーを見てみると、リベロの小幡真子選手の164cmに次ぐ、身長の低さですね。

次に最高到達点ですが、こちらは300cmと全日本女子の平均的な値となっています。ちなみに全日本女子メンバーで、石川真佑選手と同じアウトサイドヒッターの最高到達点は以下のとおりです。

古賀紗理那:305cm
新鍋理沙:293cm
石井優希 302cm
黒後愛: 305cm
黒後愛:306cm

石川真佑選手よりも高い最高到達点を記録する選手が多いですね。石川真佑選手は小柄な分、最高到達点が低いようです。

身長や最高到達点からも分かるように石川真佑選手は高さで勝負するタイプの選手ではなさそうですね。

彼女の最大の武器は先ほどもお話ししたように変幻自在のスパイクです!このスパイクを武器に、先月開催されていた第20回アジア女子選手権大会では大会MVPを獲得しています。

今回の女子バレーワールドカップでもブロックを抜く技ありのスパイクでチームに貢献してくれる事は間違いないでしょう!



石川真佑選手の姉はどんな人?

石川真佑選手のお兄さんは男子全日本バレーボールのエースである石川祐希選手だと有名ですが、実は彼女にはお姉さんもおり、3人兄弟です。


お姉さんのお名前は石川尚美さんと仰り、真佑さんの6歳上であり、佑樹選手の1つ年上です。つまり、石川家3姉弟は長女:尚美さん、長男:祐希さん、次女:真佑さんの並びとなっている訳ですね。

そして3兄弟で最も最初にバレーを始めたのが長女の尚美さんであり、この事がきっかけでまず長男の祐希さんがバレーボールを始めます。

ちなみに祐希さんは小学3年生の時、友達の付き合いで1年間だけ野球をやっており、当時はお母さんが「バレーやる?」と聞いても「やらない」と語っており、まったく興味を示さなかったそうなんです。笑

しかし、小学4年生の時に姉が所属していたバレーボール部へと通い、顧問にバレーの基礎を教わるとバレーを初めて4ヶ月で全国大会でベンチ入りするまで急成長を見せました。この時、顧問の先生は「間違いなくセンスがある」と祐希選手を絶賛していたそうですよ。

そして、兄と姉がバレーボールを始めた事で、自然と次女の真佑さんも同じ競技を始め、現在は全日本のメンバーに名を連ねる程の選手へと成長しました。


お姉さんがバレーボールを始めなければ、2名の逸材が発掘される事なく終わってしまった可能性があった訳ですね!

ちなみにお姉さんの尚美さんは既にバレーボールを引退しており、現在は一般人として生活しているようです。今はプレイヤーではなく家族として兄弟の活躍する姿を応援しているんですね。

石川真佑選手の兄は石川祐希選手!

先ほどから何度かお話しに出ている様に石川真佑選手のお兄さんは全日本男子バレーのエース・石川祐希選手です。

真佑選手同様、「天才」とまで呼ばれたプレイヤーであり、星城高等学校在学時エースとして活躍し史上初となる2年連続の高校三冠(インターハイ、国体、春高)に貢献しました。

高校卒業後は中央大学へと進学し2016年には最年少記録である18歳という若さで日本代表メンバーに召集されています。また、中央大学在学時にはイタリアバレーボールリーグ・セリエAのパッラヴォーロ・モデナと1年契約を果たし、話題になりました。

その後もセリエAでプレイを続け、大学卒業後は国内の実業団チームでプレイする事なく、イタリアへと渡りプロバレーボール選手としての生活をスタートさせます。この選択は異例の物でしたがプロ1年目から活躍し、所属チーム・シエナでは唯一全26試合すべてにスタメンとして出場し、リーグ12位となる得点をあげています。

プロ1年目にも関わらず、既にチームの中心メンバーまで成長し、10月から開催される男子ワールドカップや2020年の東京オリンピックでの活躍が期待される日本のホープです。

石川真佑選手の両親はどんな人物?

家族から全日本選手を2名も輩出した石川家ですが、両親もやはりアスリートでありそれぞれ実業団で活躍した選手です。

お父さんのお名前は石川幹尚(もとなり)と仰り、元陸上の短距離選手であり、実業団であるデンソーに所属していました。

デンソーは愛知県刈谷市に本社がある自動車部品メーカーであり、陸上の実業団としては男子よりも女子の方が有名なようで、過去に全日本実業団駅伝では大会3連覇を達成していました。

実業団所属時にはリレーなどの活躍していたのではないでしょうか?ネットで検索するとデンソーリレーメンバー表に石川幹尚さんの名前が記載されていました。現在は既に実業団チームを引退しており、一般の方として生活を送っているようですね。

石川真佑選手の実家は愛知県岡崎市であり、デンソー本社と距離的に近いのでもしかしたら本社で働いているかもしれませんね。そうでなくてもデンソーは愛知県の各地に製作所や技術センターがあるので、どこかにいらっしゃるのではないでしょうか?

ちなみに、お父さんの幹尚さんは184㎝という長身であり、バレーボール選手として活躍する息子と娘にそのDNAはしっかりと受け継がれているようです。


次にお母さんですが、お名前をみどりさんとおっしゃるようで、元バスケットの選手です。所属はお父さんの幹尚さんお同じデンソーですね。

デンソーバスケットボール部は現在「 デンソー アイリス」という女子チームのみが存在し、過去には国体で6度の優勝を誇る名門チームです。ちなみに過去には男子チームである「デンソーフープギャング」というチームも存在していましたが、高齢化を理由に2001年から休部状態となっています。

お母さんのみどりさんは根っからのスポーツ少女であり、小中学ではサッカーをしながら、軟式テニスもやっていました。バスケットを始めたのは高校生からであり、スタートが人よりも遅いにもかかわらず実業団選手にまで上り詰めるあたり、運動神経は抜群だったようです。お父さん同様、お母さんの遺伝子も間違いなく子供達に受け継がれていますね。



石川祐希選手についてまとめると

今回は、全日本女子バレーのメンバーである石川真佑さんについて見てきました。

両親が実業団選手で、兄も日本を代表するバレーボール選手というスポーツ一家に生まれた石川真佑さん。「天才」とまで称されるスパイクの技術で高校当時から逸材として注目を浴びていました。19歳という若さで全日本メンバーとしてデビューを果たし、まだまだ今後が期待できる選手ですよね。

今回の女子バレーワールドカップだけでなく、2020年の東京オリンピックでも彼女の名前を聞く事が出来るのではないでしょうか?

今後の日本を背負って立つ選手へと成長してくれる事を期待し、石川真佑選手の活躍を見守りましょう!

キャッチ画像引用:http://vbm.link/30519/