【ラグビーW杯】日本VSスコットランド台風19号の影響は?中止?

現在開催中のラグビーワールドカップ2019。日本は3戦全勝で予選プール突破に王手をかけている状態です。仮に次戦のスコットランド戦を落としたとしても条件次第ではプール1位となり、絶対的に有利な立場となっています。

とは言いましても可能なら4戦全勝で決勝リーグ進出を決めて欲しいですよね。「スコットランド戦も張り切って応援しよう!」とたくさんの人が思っているでしょう。


そんな皆さんにとってはとても残念なお知らせが飛び込んできました!現在発生中の台風19号によって日本対スコットランドの一戦が中止となる可能性が出てきんです!

現在発生中の台風19号の進路や勢力、そして日本対スコットランド戦に与える影響を見ていきましょう!



台風19号の進路予想と勢力は?

まずは現在発生中の台風19号の進路予想と現在の勢力を見ていきましょう!

引用:https://twitter.com/nhk_seikatsu/status/1181102095543521280

■10月7日現在の台風19号の詳細情報
中心気圧:965hpa
移動速度:30km/h
最大風速:40 m/s
最大瞬間風速:55 m/s

10月7日現在、台風19号はマリアナ諸島近海を時速30km/hの速度で西に進みながら発達を続けており、8日正午には中心気圧が915hpaと発達し、最大風速は55m/s、最大瞬間風速は75m/sまで勢力を拡大すると予想されています。

仮に予想通り発達した場合、今年日本に到達した台風の中で最大の勢力となり、記憶に新しい台風15号や17号以上の猛威が想像されます。

日本に近づくのは今週11日から12日にかけてで、若干勢力が衰えると考えられていますが、それでも中心気圧:935hPa、最大風速:50m/s、最大瞬間風速:70m/sと勢力はかなり大きいようです。

ちなみに先程もお話した台風15号や台風17号の詳細情報は以下の通りでした。

■台風15号の詳細情報
中心気圧:955hpa
最大風速:45m/s
最大瞬間風速:60m/s

■台風17号の勢力
中心気圧:975hpa
最大風速:30m/s
最大瞬間風速:45m/s

千葉に大きな打撃を与えた台風15号や長崎に大雨をもたらした台風17号以上の勢力が予想されているわけです。

現在12日以降の進路予想は発表されていませんが、気象庁の予想では12日頃から西日本や東日本に大きな影響を与え、広い範囲で暴風や警報級の高波や大雨となる可能性があるそうで、10月第2週目の3連休は日本各地で様々な影響を及ぼすでしょう。

日本対スコットランド戦への影響は?

引用:https://article.auone.jp/detail/1/6/12/106_12_r_20190930_1569852971689706

台風19号の勢力と進路予想を見てきたところで、日本対スコットランド戦への影響を考えていきましょう!

日本対スコットランド戦の詳細情報は以下のとおりです。

■日本対スコットランド戦の詳細情報
開催日:10月13日
試合時間:19時45分から
試合会場:横浜国際総合競技場

試合日は台風19号が日本に近づく10月13日となっており、暴風雨などの影響は十分に考えられます。現在の進路予想だと12日には四国の南の海上に近づくことが考えられていますので13日には日本列島に上陸している可能性は十分にあるでしょう。


ラグビーは基本的には雨天での試合中止はないスポーツですが、雷や台風の場合には中止になる可能性があります。

仮に落雷しようものならスパイクを通して選手が感電する可能性がありえます。また、台風により試合が安全に行えない時や交通機関の麻痺する場合も試合が中止され、実際に2018年の9月下旬には台風24号の影響により大分で開催予定だった全九州クラブ実業団大会県予選を含む、4試合が延期となっていました。

現在接近中の台風19号で日本対スコットランドの試合が中止となる可能性は十分に有りえます。決行か中止かは試合開始6時間前までに判断し、最終的な決定が下されるそうです。


日本対スコットランド戦が中止ならどうなる?

引用:https://rugby-rp.com/2019/10/07/worldcup/42140

では、日本対スコットランドの一戦が中止となった場合、勝ち点などはどうなるのか見ていきましょう!

ちなみに今回のラグビーワールドカップ2019の予選プールでは予備日が無いため、順延という措置はなく、台風19号で試合が行えない場合は中止となります。


仮に中止となったら場合試合は引き分けとなり両チームに勝ち点2が与えられ、現在勝ち点14点である日本は16点となります。2位のアイルランドがサモア戦でボーナスポイントを含め勝利した場合、勝ち点が16点で同点となるのですが、日本はアイルランドに勝利しているため、1位での決勝通過が決まります。


つまり中止となれば自動的に予選1位突破が決まり、安全に決勝リーグに進むことが出来る訳です。とは言いましても可能なら4戦全勝で決勝リーグ行きを決めて欲しいところですよね。

日本対スコットランド戦のチケット払い戻しは?

引用:https://rugby-rp.com/2019/06/17/worldcup/36517

では、日本対スコットランドの試合が中止となった場合のチケットの払い戻しについて見てみましょう。

ラグビーワールドカップや日本大会公式チケットサイトの規約には以下のように記されています。

不可抗力、安全及びセキュリティ上の問題、権限者又は所轄官庁による決定(以上を含みますがが、これらに限定されません。)などによる不測の事態やその他の事情が発生した場合、試合の開始時間、日付、試合時間及び会場又はチケットによって管理されるその他の詳細が、変更されることがあります。
この場合、事業者の決定に基づき所定の期間内に限り、払い戻しを行います。
払戻しを受ける際、その払戻しの対象となるのは券面額のみであり、他に支払った料金や費用(手数料、郵便料金、配送料など)まで払い戻されるわけではありません。

R2019は、以下に該当する場合に限り、(チケット購入者から払戻しの申請があった場合に)チケット購入者に対し、当該チケットの券面額を払い戻します。
a) キックオフ前に試合が延期され、その後、別途当該試合に関する日程が設定されない場合
b) キックオフ前に試合が延期され、その後(会場変更の有無にかかわらず)、試合が他の日に変更された場合
c) 本大会が中止により試合が開催されなかった場合
d) チケット所持者が日本の法律上払戻しを受ける権利を有する場合

両規約にも試合が中止となった場合はチケット全額が払い戻されると記載されていますね。余談ですが、「券面額」とはチケットに記載されている金額すべてという意味です。

払い戻されるのはあくまでチケットの金額のみであり、手数料や配送料は戻って来ません。また払い戻しには期限があるのでこちらも注意しましょう。もし試合が中止となった場合は忘れないうちにチケットの払い戻しを行いましょう。払い戻しについてはこちらのサイトに記載されていますので参考にしてみて下さい!
⇒チケットの払い戻しについて



全勝で決勝リーグへ進出したい!

今回は日本対スコットランドの一戦が中止となる可能性について見てきました。

現在日本に接近中の台風19号は非常に勢力が強く今季最強の台風となっています。その為、日本対スコットランドの試合に影響を及ぼす可能性は十分に有り、最悪の場合は中止も考えられます。

中止の場合は一位での予選突破となり安全ですが、可能なら全勝で決勝リーグ行きを決めて欲しいですよね。ネット上でも日本対スコットランドの一戦を熱望している人が大勢いました。

やはり全勝での予選突破の瞬間を多くの人が期待しています。可能なら試合を行って再び全国に興奮を届けて欲しいですね。日本対スコットランドの開幕と勝利を期待しましょう!

キャッチ画像引用:https://courrier.jp/news/archives/176781/