空の青さを知る人よのロケ地(聖地)は?お堂や鳥居の場所は?

10月11日から公開になった映画・空の青さを知る人よ。「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」「心が叫びたがってるんだ。」を作成した長井龍雪監督率いる超平和バスターズの作品として放映前から大きな注目を集めていました。

また、主題歌を担当したのが人気シンガーソングライター・あいみょんさんなのも注目された理由の一つですよね。

そんな映画・空の青さを知る人よは秩父を舞台としており、映画に登場したシーンは実際の土地を参考にした物ばかり。「君の名は」の大ヒットにより現在はアニメ映画のロケ地を巡る聖地巡礼も流行っていますね。

映画・空の青さを知る人よに登場したロケ地を紹介していきたいと思います!これから秩父で聖地巡礼を行う人は是非参考にしてみて下さい!



映画・空の青さを知る人よのあらすじは?

ロケ地を紹介する前に映画。空の青さを知る人よがどの様な作品なのかを少し紹介したいと思います。

先程もお話したとおり、空の青さを知る人よは秩父を舞台とした映画であり、姉・相生あかねと妹あおい、そして「しんの」こと金室慎之介を中心とした物語です。


今から13年前、まだ4歳だったあおいはいつもあかねと一緒にいるお姉ちゃん子でした。当時姉には恋人がおり、その人物こそが金室慎之介(しんの)です。

しんのは将来を夢見るギタリストであり、あおいとは目にほくろがあるという共通点がありました。そんなしんのは近くのお堂を練習場として日々ギターの練習に励んでおり、姉と一緒にお堂に出入りしていたおあいはベースに興味を持ち、しんのから将来は一緒にバンドを組もうと誘われるのでした。

そして、しんのと姉・あかねが高校を卒業する季節がやってきます。本当ならしんのとあかねは一緒に上京する予定だったのですが、姉妹の両親が交通事故にあい亡くなったしまったのです…まだ小さいあおいを残して東京へと行くことを躊躇ったあかねはしんのとの約束を守れず地元・秩父に残ることになり、しんのは1人東京へと旅立っていくのでした。


その後13年という時間が経過しました。

あおいも高校2年生となり、進路について考える時期となります。そんなあおいが出した進路希望は「東京に出てバンドで天下を取る」!しんのの影響から始めたベースをあおいは13年間続けていたのです。そして、ベースの練習場所はかつてしんのが愛用していたお堂でした。

ある日、練習のためお堂にでかけたあおいですが先客がいました。その先客とはなんと13年間のしんの。2人の共通点である目のほくろもある事から間違い有りませんでした!しかし、なぜ13年後の世界にタイムスリップしたのかは当のしんのも分かっていません。

時を同じくしてあおいが住む街で「第一回 音楽の都フェスティバル」というイベントが開催される事となり、大物演歌歌手がゲストとして登場する事となりますが、そのバックバンドの1人には現在のしんのが居たのです。東京に行き音信不通となっていたしんのと思わぬ形での再開となります。

こうしてあかね、あおい2人の姉妹と現在と過去のしんのが同じ街に集まり、物語は進んでいくのです。

空の青さを知る人よのロケ地(聖地)は?

では、空の青さを知る人よのロケ地を紹介したいと思います。

旧秩父橋

まずはあおいがベースを弾いてい橋から見ていきましょう!こちらは旧秩父橋がモチーフになっていると言われています。

背景がそっくりですよね!また、あいみょんさんの映画版MV・空の青さを知る人よでラストにあおいが最後に走り抜ける場所も旧秩父橋ですよね。

■旧秩父橋の住所
埼玉県秩父市阿保町12-3759番地1

秩父ミューズパーク

続いて紹介したいのは秩父ミューズパーク。茜が座って涙を拭っていたシーンや現在のしんのギターを引いていた場所が秩父ミューズパークの石段です。また、予告第1段の冒頭で登場する金色のモニュメントも秩父ミューズパークの展望台に建設されています。

■秩父ミューズパークの住所
埼玉県秩父郡小鹿野町長留2518

西武秩父駅

あかねが現在のしんのと再開するきっかけとなったのが大物演歌歌手が街のイベントのゲストとして登場した事でした。その大物演歌歌手を迎えた場所が西秩父駅であり、映画や予告内にもしっかりと登場していますよ。

現在西秩父駅では空の青さを知る人よの広告も流れているようですね。聖地巡礼としては外せない場所ではないでしょうか?

■西秩父駅の住所
埼玉県秩父市野坂町1丁目16



秩父市役所

しんのと上京する夢を捨てたあかねは地元の市役所に勤めています。当然映画内でもこの市役所は登場しており、モチーフとなっているのは秩父市役所です。内部構造がそっくりですよね!

■秩父市役所の住所
埼玉県秩父市熊木町8-15

矢尾百貨店

予告第一弾に登場する秩父の風景。その風景内に登場したのが矢尾百貨店ですね。

創業はなんと1749年で270年という歴史がある秩父の老舗百貨店です。元々は酒造りから始まったそうで店内には酒蔵の模型があります。駅から徒歩数分という距離になる為立地も抜群。秩父土産が一通り揃っているようなので聖地巡礼帰りにお土産の購入目的で立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

■矢尾百貨店の住所
埼玉県秩父市上町1丁目5-9

お堂の場所

物語のキーとなるお堂。あおいやしんの練習場であり13年前のしんのが閉じ込められた場所ですね。聖地巡礼を行いたい人にとってこのお堂は外せない場所でしょう。

お堂のモデルとなった場所については明確な場所が明言されていませんでしたが、既にこの地を訪れた人がツイッターに写真を投稿しています。そんな投稿の中の一つに「塚越の花祭り」という看板が一緒に撮影されていました。

塚越の花祭りは秩父で行われている子どもたちが主役となり花びらを巻きながら行進することでお釈迦様の誕生を祝う祭りです。そしてこの塚越の花祭りの行進ですが熊野神社から米山薬師堂へと行われるそうです。

つまり、このお堂のモデルとなった建物は塚越の花祭りに縁がある熊野神社、もしくは米山薬師堂のどちらかとなっているという事ですね。また、他サイトで以前の塚越の花祭りの写真をアップしてくれている方がいました!⇒以前の塚越の花祭りについて

このサイトには熊野神社の真正面の写真も投稿されており、お堂と全く一緒なのが確認できますので、今回お堂のモデルとなったのは熊野神社で間違いないでしょう!

■熊野神社の住所
埼玉県秩父市上吉田4309

鳥居の場所

続いて鳥居の場所について見ていきましょう!お堂が熊野神社という事から鳥居もそうなのかと思ったのですが、写真を見る限り熊野神社には鳥居がなさそうなんですよ。


鳥居のモデルとなった場所は一部情報によると諸稲荷神社だと言われていますが、どうやらこれは間違いのようで、実際に諸稲荷神社の鳥居を見てみると形が異なっています。鳥居の形はグーグルマップからも確認できるのですが、鳥居を形成している下部分の柱の形状が確かに異なっていました。

では、本当の場所はどこなのかと言いますと、どうやらこの鳥居は私有地にあるそうで、ある民家の庭に立っているとか。その為、厳密に場所を特定することが出来ませんでした。

ただし、実際にこの鳥居を見つけたという人もおり、私有地の住民さんの好意によって写真を撮影させて貰えたそうです。

どうやって見つけたかと言いますと、しんのとあおいが空を飛んだ方角、そしてあおいがこの鳥居を通して秩父の待ちを見下ろしているという事から当たりをつけて実際に現地で探しだしたそうですよ。かなり頑張って探したようですね。

僕も上のヒントからグーグル・マップで場所を探して見たのですが特定には至りませんでした。仮に見つけたとしても私有地なのでブログに住所を書くわけには行きませんよね。笑

もし場所を特定した方が居たとしても私有地なので騒がず、撮影は住民さんの許可を取ってから行うようにして下さいね!

秩父高校

最後にあおいが通う学校を見てみましょう!どうやらこの学校は秩父高校をモデルとしているようで、外観がよく似ています。こちらも平日には授業が行われていますし、休日に入り込んでも許可がない場合は不法侵入となってしまいますので、聖地巡礼に向かった方は外から外観を眺める程度に済ませましょう!

■秩父高校の住所
埼玉県秩父市上町2丁目23-45



空の青さを知る人よのロケ地についてまとめると

今回は映画・空の青さを知る人よのロケ地について見てきました。

映画・君の名はで大流行となった聖地巡礼。大ヒットアニメーション映画には付き物のイベントとなっており、より作品を楽しむ一つの方法として多くの方が取り入れています。

しかし、モチーフになった場所には私有地も存在するため不法侵入や住民に迷惑をかけないように見学するようにしましょうね。聖地巡礼はルールをしっかりと守って行いましょう!

キャッチ画像引用:https://www.toho.co.jp/movie/lineup/soraaoproject.html