【昭和記念公園紅葉2019】ライトアップはいつから?混雑状況も

今年も紅葉の季節が訪れ全国各地では木々が色づき始めています。季節はすっかり紅葉狩りシーズンですね。

さて、東京立川にある昭和記念公園でも紅葉が始まり11月上旬には見頃を迎えます。今年は天皇皇后両陛下の御成婚記念で設置された日本庭園や昭和記念公園のシンボルでもあるかたらいのイチョウ並木がライトアップされるそうですよ。

そんな昭和記念公園のライトアップイベントはいつから始まるのか気になる人も多いと思いますので混雑状況などの情報と合わせて詳細を記載していきたいと思います。



昭和記念公園紅葉2019の見頃はいつ?

まずは気になる昭和記念公園の紅葉の見頃からお話していきましょう!


ウェザーニュースによると昭和記念公園の紅葉の見頃は11月12日頃であり、葉が落ち始めるのは11月30日頃からだそうです。この期間は昭和記念公園できれな紅葉を見ることが出来るでしょう。

昭和記念公園のシンボル的な存在である2か所のイチョウ並木もキレイに色づきます。こちらもキレイな景色となり敷き詰められたイチョウの葉と木々がトンネルを形成しているようですね!

まるでドラマのワンシーンのようです。昭和記念公園に行くならイチョウ並木も楽しみましょう!



昭和記念公園紅葉2019ライトアップはいつから?

昭和記念公園では例年イチョウ並木がライトアップされ、紅葉の時期には幻想的な雰囲気となります。

昼間とは違った一面を見せてくれてとてもキレイですよね。


このライトアップですが2019年である今年も行われる予定であり、令和元年である今回は「秋の夜散歩」と題して、かたらいのイチョウ並木と一緒に天皇皇后両陛下の御成婚記念で設置された日本庭園にもスポットがあてられます。

引用:https://www.walkerplus.com/event/ar0313e13052/

新たな天皇陛下が誕生した令和元年らしい催し物となっていますね。「秋の夜散歩」の詳細な情報は以下のとおりですので訪れようと考えている人は参考にして下さいね。

■秋の夜散歩の詳細情報
期間:2019年11月2日(土)~24日(日)
時間:16時30分~21時
点灯:17時~20時30分
※一部エリアのみ開園

日本庭園の所在地

かたらいのイチョウ並木の所在地

開催期間は11月2日~24日の約3週間となっており点灯時間は17時~20時30分です。また、料金として昭和記念公園入場料450円にプラスして160円の計610円が必要です。ちなみにシルバーの方は入園料+秋の夜散歩追加料金で370円、小人は無料となっています。


昭和記念公園はかなり広大なスペースを持っており移動が大変ですのでライトアップ時にはバスの運行も行われうようです。

引用:http://www.showakinen-koen.jp/wp-content/uploads/kouyoufestival2019.pdf

西立川口と日本庭園を結ぶこのバスは約10分間隔で運行し移動時間も10分程度となっています。使用料金は大人・シルバーが200円、小人が100円です。

歩くのが大変という人は利用してみてはいかがでしょうか?もちろん雰囲気を味わうために徒歩で移動しても楽しいですよ!

昭和記念公園紅葉2019の混雑状況は?

では、最後に昭和記念公園の紅葉時期の混雑状況を見てみましょう!

約4年前の写真ですがかなりの人が紅葉を楽しんでいますよね。この時期は家族連れやカップルの人たちが大勢訪れるため園内はたくさんの人で賑わいます。


ただし、先程もお話したように昭和記念公園は広大なスペースがありますのでぎゅうぎゅう詰めになるという事はなさそうですね。立ち止まって紅葉を楽しむ、写真を撮影することは十分可能でしょう。



昭和記念公園紅葉2019についてまとめると

今回は昭和記念公園の紅葉について見てきました。

今年の昭和記念公園では例年のイチョウ並木のライトアップ以外にも天皇皇后両陛下の御成婚記念で設置された日本庭園にもスポットがあてられ幻想的な雰囲気を楽しむことが出来ます。「秋の夜散歩」という名前で行われる今回のライトアップは令和元年らしいイベントですよね。

昭和記念公園で紅葉を楽しみたい方は是非訪れてみてはいかがでしょうか?開催期間は11月2日からとなっており今から楽しみですね!