【六義園紅葉2019】見頃はいつから?ライトアップや混雑も

2019年も年末を迎え紅葉の時期となりました。全国各地には色々な紅葉スポットがあるのですが今回は関東にある六義園に目を向けてみましょう。


六義園は関東にある都立庭園であり、様々な木々が植えられ紅葉の時期になると色豊かな風景を楽しむことが出来ます。さらには毎年ライトアップも行われ青く光り輝く池はとても幻想的です。そんな六義園の紅葉の見頃やライトアップの開催時期、そして混雑状況について見ていきたいと思います。



六義園紅葉2019の見頃はいつから?

まずは六義園紅葉2019の見頃がいつからか見ていきましょう!


天気予報で有名なウェザーニュースでは全国各地の紅葉状況を発表してくれており、この情報によると今年の六義園の紅葉の見頃は11月30日頃~となっています。また、落葉は12月14日頃~であり紅葉を楽しめるのは約2週間です。

この期間中は写真の様なとてもキレイな景色を見ることが出来ますよ。

鑑賞できる期間は短く、見逃すと1年待つことになりますので注意しましょうね!

■六義園紅葉2019の見頃
見頃:11月30日頃~
落葉:12月14日頃~

六義園紅葉2019のライトアップはいつから?

続いて六義園のライトアップの時期を見ていきましょう!

六義園では紅葉時期に毎年ライトアップが行われており、2019年も開催される予定です。ライトアップされた紅葉はとてもキレイで、一緒にスポットが当てられる池は青く光り輝く様子はとても幻想的です。

明るい時間帯の紅葉も良いですがライトアップされた風景も全く別の顔を見せてくれており見る価値ありですよ!


さて、六義園でのライトアップですが今年は11月20日(水)~12月12日(木)、時間は日没~21時までとなっています。約20日間の開催となっていますのでライトアップされた六義園を楽しみたい方は見逃さないようにして下さいね。

■六義園のライトアップ詳細
開催期間:11月20日~12月12日
時間:日没~21時



六義園紅葉2019の混雑状況は?

最後に紅葉時期の六義園の混雑状況を見ていきましょう!

ツイッターの情報によるとやはり紅葉時期は普段以上に混雑するようですね。

特にライトアップが行われてからの時間帯は入園券を買うのにも列が出来るようです。

とは言ってもチケット売り場の回転は早いので何十分も待つという事はなさそうです。しかし、その分一気に入園となる為、園内は人で溢れており三脚が使用できないなどの規制は発生しています。

昼間の時間帯はもちろんの事、ライトアップ時はそれ以上の混雑を覚悟する必要がありそうですね。

六義園紅葉2019の混雑を避けるためには?

どうしても混雑を避けたいという方は平日に六義園へと向かうことがおすすめです。

土日比べて平日は混雑状況が緩和される可能性が高いです。仕事などの関係でどうしても土日しか行けない人の場合は早朝なら比較的空いているのでこの時間がおすすめです。


また、スムーズに入園したい方は駒込駅側にある染井門ではなく逆側にある正門へと向かうことをオススメします。

引用:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/map031.html

駅に近いとJRを利用する方が大勢訪れる可能性がありますので正門のほうがいち早く入園できる可能性は高いですよね。六義園を訪れた時に入園に長蛇の列が出来ていた場合は試してみて下さいね。



六義園紅葉2019についてまとめると

今回は六義園紅葉2019について記載していきました。

六義園では11月30日頃から見頃を迎えると言われており、この時期には大勢の人が紅葉を楽しみに訪れます。また、同時期に行われるライトアップはとても幻想的であり一見の価値があります。紅葉はもちろんの事、青く光り輝く池も本当にキレイですよ!

都内でも人気の紅葉スポットとなっていますのでこの時期は大勢の人が来園しますが行く価値はありです!紅葉スポットを探している人は六義園で楽しんでみてはいかがでしょうか?きっと満足いく景色を見ることが出来ます!