首里城火災「犯人は僕」というYoutuberの名前や学歴は?動画も

沖縄の象徴である首里城が焼失し全国各地には落胆の声が多くあがっています。せっかく復旧が終わったばかりなのに再び火災となってしまい本当に残念ですよ。

そんな気の毒なニュースが全国を駆け巡る中、「首里城火災の犯人は僕です」というYotuberが登場し大きな話題となっています。このYoutuberですが「近藤チャンネル」という名前でチャンネル開設を行っており、炎上系の動画ばかりをアップしている人物です。

もちろん今回の首里城火災の件も、ほぼ間違いなく虚偽の発言だと思われており、「あまりにも不謹慎」「冗談だとしても許せない」というコメントが相次います。

今回問題発言の動画をアップしたYotuberとはどんな人物なのか見ていきましょう。



「犯人は僕」の動画とは?

まずは今回近藤チャンネルにアップされた動画について見ていきましょう。こちらがその動画です。

このYoutuberは動画内で「首里城火災の原因は自分が吸っていたタバコが森に引火し、結果として首里城の火災を誘発した」という内容の発言を行っています。首里城周辺にはたしかに木々が生い茂っているのですが火災沈下後の写真を見ても木が焼けている様には見えませんでした。

さらに警察の調査などもでも現在まで火事の原因ははっきりとは分かっていない状態です。仮にこのYoutuberの言う通り、タバコが原因で首里城の火災に発展したのなら既に原因として特定されているはず。

ほぼ間違いなく「近藤チャンネル」を運営してるYotuberの発言は虚偽の物であり、炎上による再生回数アップや登録者を増やす目的で行われたものと見て間違いないでしょう。

この行動に対して非難が殺到し、結果Yotuberは問題となる動画を削除しました。しかし、この動画は既に拡散されており完全な消去はほぼ不可能な状態となっています。


さらにこのYoutuberですが以前にも炎上となるような動画をアップしていました。今から2日前に投稿された動画でニコニコ動画で富士山登頂を生配信していたTEDZUさんになりすました内容となっています。

TEDZUさんは10月30日に富士山登頂の様子をニコニコ動画を通して生配信していました。ところがこの配信中に斜面から滑り滑落してしまいました。

生放送の動画ではTEDZUさんの「うわ」という発言の後、画像が反転し、荷物や持っていた杖が飛び散った映像が映し出されたようで、その後放送がストップしました。この生配信を見ていた視聴者が警察に連絡しましたが、TEDZUさんは滑落によって帰らぬ人となってしまったのです。

ところが「近藤チャンネル」を運営するYotuberは話題になると思ったのか「私がTEDZUで無事に生きています」という動画をアップしています。当然この動画も虚偽の物であり視聴者からは非難が殺到していました。

今回の首里城の件もそうですが、話題になると思った出来事に対して虚偽の発言を行うのは冗談にしても悪質ですよね。
「発言の自由」という権利を持っているにしてもこのYoutuberには深い反省を行って欲しいです。

Yotuberの名前や学歴は?

今回、「首里城火災の犯人は僕です」と発言したYotuberですが、既に名前や学歴まで判明していました。

■Yotuberの名前と学歴
名前:工藤敦史
生年月日:1997年10月11日
出身地:北海道北広島市
学歴:北海道札幌月寒高校卒業
      茨城大学理学部中退

この人物はツイッターも利用しているようで首里城火災やTEDZUさんなりすましの動画に対して様々な発言を行っています。

悪びれる様子もない発言ばかりであり、やはりこちらにも非難のコメントが多数寄せられていました。



Yotuberは罪に問われる?

さて、今回のYotuberの発言ですが「偽計業務妨害罪」という罪に問われると指摘している人もいます。

偽計業務妨害罪とは虚偽の情報を発信した事で人の業務を妨害した場合に成立する罪です。主にネットでの記載で問われる罪のようで「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」が課せられます。

このYoutuberの発言はニュースにも取り上げられており、たくさんの人の目に触れる事となりました。ここまで話が拡大してしまっては罪に問われる可能性もありますよね。

仮になんの罰則も無かったとしてもチャンネル閉鎖などのペナルティーはありえそうです。先ほどもお話ししましたが「近藤チャンネル」のYotuberには深い反省をして欲しいです。

Yotuberに対するネットの声は?

今回のYotuberの投稿に対して世間はどの様な反応をしているのでしょうか?

やはり多くの人が非難の声をあげていますね。中には「沖縄県民への侮辱だ」と考えている人もいます。SNSが普及し様々な発言を行える時代ですが、今回の動画はあまりにも不謹慎な物と捉える方が大半となっていました。



首里城火災「犯人は僕」というYotuberについてまとめると

今回は首里城火災の犯人は僕だという悪質な動画を投稿したYoutuberについて見てきました。

Youtuberが投稿した動画は首里城全焼という悲しいニュースが報道される中あまりにもふざけた内容となっています。さらには「人が亡くなった」というニュースまで利用し再生回数や登録者を増やそうと考えていたようで、このYoutuberが行った行為はあまりにも不謹慎なものでした。

さすがに今回の動画は問題になっており処罰の対象となる可能性さえ出てきています。仮に罰則が無かったとしても今後はこの様な動画をアップするのは控えて欲しいです。

首里城が全焼して傷心している人や人が亡くなって悲しんでいる人が大勢いるので少しは人の気持ちを考えた行動をとって欲しいですよね。

キャッチ画像引用:https://www.jiji.com/jc/article?k=2019103100862&g=soc&p=20191031at82S&rel=pv